向日市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が向日市でもらえる手当

一人親世帯を補助してくれる母子手当には児童扶養手当があります。一人親世帯の子どもの毎日の暮らしの安定の援助をしてくれる補助金で、向日市等、現在住んでいる各役所で申し込むことで支払われます。普通は月に四万ほどが受給できますが、届け出ないと支払われないため、申し込んでない場合は、確実に届け出るようにしましょう。子どもが十八才の誕生日を迎えて最初の三月三十一日まで受け取れ、児童手当などと同様に子に払われる手当です。日常生活を営むために、子どもの環境を準備する助成金です。

向日市の母子家庭の方によっては、生活費がきびしくなってくると毎月の支払いを滞納しそうになる事も多々あると思います。年金、電話料金等、月ごとの請求料金がかさんでくると滞納してしまいがちになります。そんなときに知っておきたいのが延滞金になります。支払い期限を過ぎた遅延分は延滞金を追加して払い込まなくてはいけないといったケースも珍しくないです。そのときの延滞利率というのは思ったより高くなりがちで十数%以上になるケースが大部分になるので、金利が低く借りられるキャッシングにて借りて払ってしまったほうが費用が減るといった場合も少なくありません。

向日市のおすすめ情報

川勝内科医院向日市上植野町落堀14-5075-932-2239
耳鼻咽喉科ふるかわクリニック向日市寺戸町殿長19
医療法人 きくおかクリニック向日市寺戸町殿長19番地1トライアングルプラザビル1階075-921-8877
婦人科内科山下クリニック向日市寺戸町中垣内1番地075-922-3733
田村眼科医院向日市上植野町馬立20ー2075-932-7316
田中医院向日市寺戸町向畑32-79

日本においては女性の内6割以上の人が妊娠などの機会に会社を辞めますが、現実的には25から49歳の女性の300万人超が仕事したいという意思を抱くというのが実際のところです。内閣府の見込みによると、それらの人達が会社勤めをするとGDPが1.5%上昇するとされています。育児中の方がもう一度仕事を始めるのを応援することを役割りとして厚生労働省が作ったのがマザーズハローワークであり子育てと両立して仕事をすることが可能な勤め先を仲介しています。利用する人の仕事が見つかる割合は高く施設の数も少しずつ増えてきています。

ページの先頭へ