富士吉田市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が富士吉田市でもらえる手当

シングルマザーというワードは富士吉田市では普通に用いられていますが、父子家庭については、それ程使われていません。現実問題として、以前は児童扶養手当についてはシングルマザーの子どもだけに払われて、父子家庭は受給できませんでしたが、2010年からは、父子家庭ももらえるようになりました。子供が低年齢の際は母親が親権を持つことがふつうなので父子家庭というのは多数派でなかったり、父側というのは生活に足りる職業を持つケースが多かったため、これまでは受給できませんでしたが、シングルマザーに限らず、父子家庭についても支援がいるということが認識されたということです。

母子家庭手当てのみならず、生活費の援助をしてもらえる制度が富士吉田市にはそろっています。例として、父親が死亡してしまってシングルマザーになってしまった時には遺族基礎年金を受給できます。さらに、離婚等にてシングルマザーになってしまったときにも国民年金等の納付ができない際は、すべてや半分の減免を受ける事も可能になっていますので、滞納しそうになったら減免されるか、役所へ相談するようにしましょう。その他にも、片親家庭の医療費を部分的に支援してくれる社会制度も用意されています。

富士吉田市のおすすめ情報

天野医院富士吉田市下吉田一丁目7-190555-22-4800
クリニック小林富士吉田市松山五丁目11-60555-24-5585
かわむらクリニック富士吉田市上吉田844-70555-20-1180
樂々堂整形外科富士吉田市上吉田1166番地の50555-24-1171
中央医院富士吉田市下吉田二丁目19-60555-22-0603
鈴木内科クリニック富士吉田市旭5丁目1-380555-30-0016

失業給付金受給のためには、富士吉田市でも地元のハローワークにて手続きが必須になります。申し込む時に要求されるものは、辞める時に雇用主から出された離職票1と2、雇用保険被保険者証になります。写真については上半身が写された縦横縦3センチ2.5センチの写真を2枚用意します。本人確認書類は免許証であれば1枚、顔写真の付いていない証明書などは2枚必要です。加えて印鑑、預金通帳を持参しておきます。

ページの先頭へ