大船渡市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が大船渡市でもらえる手当

生活費の面でつらいといった理由で学業を受けるのが容易でない児童向けに就学援助制度というものも大船渡市では準備されています。学校教育を無理なく修学できるように児童向けにお金の面でのサポートを実施していく公的制度になります。たとえば、学校の授業で必要な学用品とか通学用品費の一定額を補助してもらえます。学校で書類が渡されますので、提出して認められれば援助の対象になります。母子家庭で経済的に厳しいときには申し込んでみてください。この支援を使っているかはほかの方は把握できないように注意されています。

母子家庭をサポートしてくれる公的制度といえば児童扶養手当になりますが、ほかにも、受けられる手当はあります。例として、一人親の医療費助成の制度により、医療費の一部を助成してもらえ、大船渡市などの役場の窓口で申請すれば活用できるようになります。そのうえ、シングルマザーにかぎるものとはちがいますが、年金や健康保険などを払えない時は、申告することで全部や半分の金額の免除を受ける事ができます。生活費の重荷をへらすためにも活用したい公的制度です。

大船渡市のおすすめ情報

石倉クリニック大船渡市大船渡町字茶屋前55番地30192-21-2525
飯塚眼科医院大船渡市盛町字東町5番地50192-21-3012
山浦医院大船渡市盛町字内ノ目2番地40192-26-3121
及川皮膚科クリニック大船渡市猪川町字中井沢10番地100192-21-1227
大津小児科医院大船渡市盛町字東町11番11号0192-27-2673
うのうらクリニック大船渡市赤崎町字諏訪前39番50192-21-3636

失業給付金を支給される期間最大まで支給してもらってから仕事をしようという人は大船渡市でも少なくありませんが、就職をしやすくすることを目的とする再就職手当ても整備されています。失業手当をもらう資格を得た後に就職した方で、残り日数が3分の1より多くあり一年以上仕事が続けられる予定の際に就業促進手当を受け取ることが可能です。給付期間の残りの日数が2/3よりたくさんある場合は60%、1/3以上のときは50パーセントを受給することができます。直近の3年に就業促進手当を支給されていないことが条件です。

ページの先頭へ