城陽市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が城陽市でもらえる手当

母子家庭をサポートしてくれる公的制度と言えば児童扶養手当になりますが、その他にも、活用できる手当は揃っています。一人親の医療費助成の制度では、医療費の一定額を負担してもらえて、城陽市などの市町村の役所の保険年金課で届ければ活用できるようになります。また、シングルマザーに限るものとはちがってきますが、年金や健康保険などの支払いが困難な時は、申し込めば支払額の全部とか半分を免除してもらうというような事も可能になっています。生活の負担を省くためにもつかいたい制度です。

離婚にて一人親になってしまった人は、月当たりに養育費を払ってもらっているというような場合が城陽市でも多々あります。それらの時には養育費の金額を生活費の一部ということで不可欠なものとして扱っている方がほとんどだと思いますが、きちんと払われなかったり、しばらくすると、まったく払ってもらえなくなるなどのような可能性も考えておく必要があります。離婚を決める時には公正証書を作成するようにするのが理想ですが、少なくとも書類にしてお互いに捺印するようにすると、面倒を回避できます。

城陽市のおすすめ情報

亀岡医院城陽市枇杷庄鹿背田87
医療法人社団 鹿野医院城陽市富野西垣内210774-52-0441
医療法人 ほりうち医院城陽市市辺柿木原52番地の10774-56-5330
眞鍋整形外科診療所城陽市寺田袋尻1-6
医療法人社団 コクラ医院城陽市久世下大谷18-1110774-52-2479
いしだクリニック城陽市寺田水度坂88-250774-54-7660

失業手当の手続きをしてから7日間の待機期間中も含め、失業給付金をもらっている期間にバイトで働くことは城陽市でも可能になりますがハローワークに申告をすることが不可欠です。判断基準として4週で14日を超えない、週に3以下で20時間以内ならば認められる事が多いですが、届出しない場合は不正受給と見なされます。不正をして失業給付金を受け取ったときは、支払われていた分の全部はもちろん、もらっていた分の2倍、簡単に言うと3倍の額を払うことが必要になります。例として100万円もらった場合は300万円を払う必要があります。

ページの先頭へ