南アルプス市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が南アルプス市でもらえる手当

子供のいる家族の支えとして、就学援助制度というものがあり、学校教育で必需品になる教材とか給食費等の補助を受けられます。各々の市町村の教育委員会に承認された方が受けられますが、母子家庭で児童扶養手当を支給されている人ならば認定される確率は高めです。南アルプス市でも、小中学校で新学年が始まる際に申請書が配られて申し込めることが多いですが、年度のいつになっても申請可能ですので各々の学校にたずねてみるようにしましょう。

母子家庭を助けるシステムとして児童扶養手当があります。離婚や死亡等によって片親によって養育されている子供の毎日の生活をを補助することが目的の手当になります。受給できるのは、親が離婚によって別れた場合、父母のどちらかが死亡したり、または身体障害を持っているケースなどです。結婚前の母が生んだ子についても対象となります。南アルプス市など、窓口で申請することができます。再婚した場合や、養護施設等や里親に養われている時は対象外です。

南アルプス市のおすすめ情報

やまびこ小児科クリニック南アルプス市鮎沢1363055-284-8015
もちづき整形外科リハビリクリニック南アルプス市在家塚68-1055-287-7600
こうの内科クリニック南アルプス市桃園1688-3055-283-8100
笹本クリニック南アルプス市下宮地433-1282-4114
医療法人徳洲会 白根徳洲会病院南アルプス市西野2294-2055-284-7711
高畑内科小児科医院南アルプス市飯野2753283-2955

失業手当をもらえる期間ギリギリまで貰ってから勤めようといった人は南アルプス市でも多くなっていますが、就職を早くしてもらうために設定された就業促進手当といった仕組みも準備されています。失業給付金を受給できる資格を所有した後に再就職した人で、残り日数が1/3よりたくさんあって、1年以上働ける予定の場合に就業促進手当を受け取れます。給付期間の残りの日数が3分の2より多くある時は60パーセント、3分の1以上の際は50パーセントを受け取ることができます。これまでの3年の間に就業促進手当を支給されていないことが条件です。

ページの先頭へ