宇治市のひとり親の母子家庭と父子家庭の手当をもらうには

ひとり親家庭の方が宇治市でもらえる手当

児童扶養手当のほかにも、金銭面の補助をしてもらえる補助が宇治市にはあります。例えば、父親が亡くなってしまい一人親になったときには遺族年金を受給できます。さらに、離婚等によりシングルマザーになってしまった時にも国民年金や国民健康保険などを支払うのが厳しい際は、全体とか半分を免除してもらうという事もできるので、滞納しそうになったら減免が可能かどうか、各窓口へ足を運んでみましょう。ほかにも、母子家庭の医療費の一定額を助成してもらえる社会制度も設けられています。

お子さんのいる家族の支えとして、就学援助制度があり、義務教育に必要な文房具とか給食費などの支えを受けることが可能です。個々の市町村の教育委員会にみとめられた人が対象ですが、母子家庭で児童扶養手当が支払われている方であるならば対象となる可能性が高いです。宇治市でも、小学校や中学校の新学年のときに申込み書類が渡されて申し込むことがほとんどですが、別の時期でも申し込めるので個々の学校側に聞いてみるようにしましょう。

宇治市のおすすめ情報

医療法人社団 笹平診療所宇治市小倉町南堀池109番地0774-21-4523
医療法人社団 晴生会 滝本整形外科京都府宇治市槇島町三十五46番地4槇島センタービル1階0774-28-5625
医療法人 浅妻医院宇治市伊勢田町名木3丁目1-300774-44-0888
大石三室戸医院宇治市莵道荒槙28-30774-24-0306
高嶋医院宇治市小倉町西浦5の130774-23-5513
社会医療法人岡本病院(財団)あすなろ岡本診療所宇治市伊勢田町南山47-10774-41-1601

障がいがある人には期待通りに働き口が探せずに参っているという方が宇治市でも珍しくありません。そういう方に向けてハローワークでは専任の職員が職探しについての支援や職に就いた後も相談に乗ってもらえる等という支援を行っています。さらに、障害者のために障害者枠を準備してリクルートをしている企業も多くなってきています。身体障害者手帳の有無に影響されずにサポートを受けることができ、障害者総合支援法による援助をする就労移行支援事業所においては障がいのある人に向けた職業トレーニングや履歴書をどうまとめるかについての助言もしてもらえます。

ページの先頭へ